生理の基本的な仕組み

女性の身体は約一ヶ月に一回、卵巣から子供のもとである卵子を排出します。これを排卵と呼びます。
また、それに合わせて子宮内膜を厚くして受精卵を待つのですが、卵子が受精しなかった場合は準備した子宮内膜が要らなくなるので、剥がれて体外に排出されます。これが生理です。

 

排卵と生理が起きるサイクルに大きな影響を及ぼしているのが、二種類の女性ホルモンです。
生理が終わってから排卵までは、エストロゲンと呼ばれる卵胞ホルモンの分泌が多い時期で、卵胞期と呼ばれます。
また、排卵後から生理まではプロゲステロンと呼ばれる黄体ホルモンの分泌が多くなり、黄体期と呼ばれます。

 

生理の時に排出される子宮内膜の物質は見た目が赤く血液とほぼ成分は変わりません。
排卵の時期や生理の時期になると、人によっては眠気を覚える事があります。
これは、女性ホルモンが多く分泌されて作用するからです。
そして、生理の時期になると内膜が剥がれることにより激しい痛みを覚える事があります。
これを生理痛と呼称します。
眠気は人によって様々ですが、年月が経つにつれて眠気を覚えるようになる女性もいますし、生理痛に関しては本当に個人差があります。
生理痛がほぼなく経血の量も少ない人もいれば、痛みがひどく経血の量がとても多い人もいます。
また、生理の前には、頭痛やイライラ等、生理前症候群という身体の変調を訴える人もいます。

女性に多く見られる悪血の症状

毎月の生理で、レバー状の経血が出てくるのを経験した女性は多いと思うのですが、これの正体を「悪血(おけつ)」と言います。
この悪血は、冷え性、のぼせ、こりや痛み、高血圧などの原因になる事があるので注意した方がいいです。
注意する為に何をしたら良いかというと、まずは鉄分の摂取です。レバー肉やほうれん草などに鉄分は沢山含まれているのでそういった食品を食べたり、鉄剤を飲むのも効果はあります。

 

普段からアルコールを大量に摂取したり何度も喫煙をしたりする場合もこの悪血の症状は酷くなるので、身体の健康の為にも食生活は気をつけましょう。