生理周期の乱れの原因

生理の周期が乱れていると、例えば温泉や旅行に行く計画などもまともに立てられず困ってしまいますね。そこで、生理不順の原因や対策、改善方法について紹介したいと思います。

 

生理不順とは、25~38日という正常な生理周期を外れて、周期が長くなったり短くなったりするものです。具体的には、生理周期が24日以内である場合や、39日以上の間隔で生理を繰り返す場合を言います。

 

女性の身体はとてもデリケートで、ちょっとしたストレスでも生理不順は起こります。
他にも

  • 極端なダイエット
  • 過食や拒食
  • 睡眠のサイクルの狂い
  • 不安や悩みがある

と言うことでも生理不順になります。

生理不順の改善方法

比較的誰でも生理不順にはなりやすいのですが、生理不順になった時にどうしたら改善できるのでしょうか。
まずあるのは、ピルを服用するという手段です。
一言にピルと言っても低容量や中容量など色々あるのですが、初心者の方には低容量がおすすめです。
商品にもよりますが約20粒ほど入っていて、ピルを飲まない期間に生理を来させるようにして服用します。

 

次に挙げられるのが、食生活の改善です。偏食もNGで、毎日朝昼晩と三食食べて栄養豊富な食品を摂取するだけでもだいぶ変わってきます。
また、生理不順への対策だけでなく、生理が来た時に貧血にならないように、レバーやほうれん草などを定期的に多めに食べることもお勧めです。

 

ちなみに、夜に食事をするのは大体21時くらいまでにした方が食生活のリズムも不安定にならずに済みます。
朝は、大体7〜8時くらいに食事をするのが理想的です。

 

睡眠も、生理不順への対策としてはとても大事です。
理想的な睡眠時間は9〜12時間くらいですが、仕事もあるので最低でも7時間は眠ったほうが良いです。
あまりにも眠れないなどの症状がある場合は、病院で睡眠導入剤などを処方してもらうのも良いかもしれません。