ピルの仕組み

ピルには卵胞ホルモンと黄体ホルモンの二つの女性ホルモンが含まれていて、このホルモンが生理のサイクルに働きかけるので避妊や生理周期の調整の効果が現れます。
子宮内膜が厚くなるのを防いだり、受精卵が着床しにくい状態にしたりなど妊娠しにくい体質に変えるという作用があります。
ですから避妊目的で使用する方もいますし、生理不順の対策として使う人もいます。
特に、生理不順の症状にはとても効果があるので便利な薬です。

 

ただし、ピルは毎日決まった同じ時間に服用しなくてはならないので、それを守らないと効果はなくなってしまいます。
そして、ピルは体質を完全に変えてしまうような強い薬ではないので、服用をやめればまた妊娠する事も出来ますし、生理のサイクルも元に戻ります。

ピルの副作用とリスク

次に、ピルの副作用についてです。
まず、よく言われるのは身体がむくんだり体重が増えたりという事ですが、調べてみると実際にそれはあるようです。
ただし、ホルモンが多く含まれる中容量ピルの場合のみで、低容量のピルでは太る心配はほとんどないと言っても良いです。
しかし血栓症になるリスクはあるので、加減を見ながら時々病院で相談してみて下さい。

 

そして、他の副作用としては、不正出血などがあります。
昔は乳がんになるリスクもあったのですが、最近ではそれが大幅に減少したようです。
不正出血に関しては、2~3周生理が来ればじょじょに治ってきます。

 

また、喫煙者がピルを服用すると身体に大きなダメージが与えられる場合があります。
まず、心筋梗塞になる割合と血栓症になる確率がぐっと高くなるので注意が必要です。
タバコを吸う習慣がありピルを服用したい人は、まずは病院で相談をしてみると良いでしょう。

 

ピルはメリットも沢山ありますが、デメリットや副作用も色々あります。
事前にしっかり調べて、病院に行って自分の体質に合ったピルを選ぶと良いです。